読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

no pleasure, no life(旧ブログ名:まちづくり、例えばこんなふうに)

意固地になるほどに"まちづくり"が気になって仕方ない。自分の関わったまちづくりの活動・調査の記録を中心にしつつ、"都市""街の変化"の話題など。 Keyword→まちづくり/都市計画/荒川区町屋/蒲郡/豊橋/三河/谷中

荒川区民のサロン的空間「あらかわらいふ」というFacebookページを見つけた話。

荒川区まちづくり

面白い場所を見つけました。

荒川区民の日常に触れられるような、ネット空間です。

 

f:id:phantom_gon:20170213235911j:image

(FBよりスクリーンショット)

 

 

どんな場所か?

 

こちらの「あらかわらいふ」さん、形式としてはFacebookの公開グループとなっています。

つまりは管理人さんの承認を受けてメンバーとなる必要があるのですが、荒川区に所縁のない私でもすぐに承認いただくことができました。

公開グループなので、メンバーでなくともみなさんの投稿は問題なく閲覧することができます。

 

暮らしやすい街荒川区

しかし内から見るイメージと外から見るイメージにギャップがあります。

荒川区の良いところを内外にアピールしていきます。

荒川区を紹介する雑誌「あらかわらいふ」刊行を目指しています。

イベントも行っています。

(Facebookグループより)

 

この、内外にアピールというところが特徴でしょうか。

荒川102が、"区民のため"を明確に謳っているのに対して、やや異なるところですね。

荒川102とは?
あらかわのいいとこも悪いところも、おもしろおかしく。 みんなで作る、長屋の井戸端、近視眼的 ハイブリッド型ゆる系地域情報ミニマガジン「荒川102」へようこそ!

このマガジンは、荒川区の、区民による区民のための区民メディアとして運営されています。

(荒川102より)

ただ調べてみると、どうやら荒川102の記者でもある方が運営をされているようです。

荒川102は言わずと知れた荒川区に関する地域メディアで、かつて簡単に紹介させていただいたこともありますね。

phantom-gon.hatenadiary.com

 

どんなやりとりが?

 

どんなやりとりが行われているのか。

少し古いですがわかりやすく言えば、mixiコミュニティみたいな空間、と表現できる気がしています。

f:id:phantom_gon:20170214111442p:image

今日は何の日? mixiオープン(2004) - 週刊アスキー

 

今やmixiを知らない世代もいるのかもしれないので念のためですが、mixiとは2004年に開設されたSNSですね。

思えば、mixiという空間はTwitterFacebookのように発言や投稿が川のように絶えず流れてゆくせわしない空間ではなく、個人の発信は日記や掲示板への発言といった"残るもの"だという点に特徴があった気がします。

 

翻ってFacebookは、mixiと異なってトピック毎のスレッドが作りにくい設計。

すると、絶えず流れゆくTL(タイムライン)をあくまで眺めるだけになりがちではないでしょうか。

しかし、ここ「あらかわらいふ」での発言は異なります。

 

例えばこんなご発言。

f:id:phantom_gon:20170214152855j:image

 

荒川区内で有名な大盛中華料理のお店で食事をしたという投稿なのですが、そこにコメントが23件

もはやこれは一種のスレッドのよう。

「トピ立てますねー」な声が聞こえるようです。

 

このような食レポ系の記事を中心に、

区内の新スポット情報、

荒川区小ネタ、

もちろん区政情報も。

などなど、ローカルなネタの投稿がなされ、その度にグループの中メンバーの方々がコメントをつけてくださいます。

たまにオフラインでのイベントもあるようで、例えば2/15夜は街歩きマップ作成のためのミーティングが開催されたよう。

 

なるほど、トップダウン的なテーマ設定のない自由な空間だからこそ、ゆるく居心地の良さそうなネット空間が作られているのではないかと感じます。

ネット上にも、荒川区がありました。

 

  

そして、いよいよ今日ですよ!

phantom-gon.hatenadiary.com

荒川区町屋エリアで"一人テレフォンショッキング"をします。何それ。

荒川区まちづくり

さて、町屋地域でのまちづくりに際して、次の手に出てみます。

それは、

 

一人テレフォンショッキングです。

 

なにそれ。。罰ゲーム?

と思われましたかね。いやいや違うのです。

 

これ実は、地域づくりとかの界隈では一定の知名度あるものらしい。

もともと、私の直接の先輩である豊橋市議・長坂なおとさんが提唱していたことで、長島町副町長の井上貴至さんによって紹介されて広まった?よう。

 

150124_4_DSCF2607

【写真】長坂なおとさん井上貴至さんブログより)

 

nagasakanaoto.blog.jp

 

一人テレフォンショッキング : 井上貴至の「地域づくりは楽しい」

 

内容は単純。

その長坂さんが、豊橋に戻って最初にやったのが「ひとりテレフォンショッキング」

まちなかのキーパーソンにお会いして、笑っていいともの「テレフォンショッキング」のようにその場で電話で紹介いただき、次から次にキーパーソンに会いに行かれたという。

その結果、
●まちなかを知る
●僕(長坂さん)自身を知ってもらう
●まちなかの人間関係を知る
ことができたそうだ。

井上貴至さんのブログより)

 

今できること、やらねばならないことはこれだな、と。 

この活動を通じて、街をただ見るだけではわからない町屋エリアの地域の課題や人間関係なんかを読み解いて、次の仕掛け方を考えます。

 

あ、こちらのイベントもよろしくお願いします。

phantom-gon.hatenadiary.com

「ゆいの森あらかわ」の開館記念イベントとか。

荒川区まちづくり

あらかわ区報の特集号として、「ゆいの森あらかわ」の情報が公開されました。

3月26日(土)の開館までほぼひと月となり、隠されていた情報がようやくヴェールを脱いだ形となります。

www.city.arakawa.tokyo.jp

今回出された新情報は主に3本となっており、それがこちら。

  1. 開館記念イベントの(あくまで)概要
  2. これまで基本設計図までの公開にとどまっていた各階フロアマップの公開
  3. 子ども施設の「乳幼児一時預かりサービス」の詳細

 

特に、開館記念イベントに関する情報を紹介したいと思います。

 

 

開館記念イベントの概要

 

f:id:phantom_gon:20170225080229j:image

 

やはり開館当日のセレモニーもやりつつ、さらに5月まで開館記念イベントは続きます。

 

開館セレモニー

初日の式典は10時から。

おそらく区長さんの講演はあるのかなと察しますが、そのあたりはまだ発表できる状態ではなさそうてす。

 

10時30分からは東京藝術大学弦楽四重奏Quartet Xenoによる演奏がありますね。

弦楽四重奏

おや?

www.tbs.co.jp

 

ともあれ、荒川区はかなり前に東京藝術大学と協定を締結してるのでその絡みでしょう。

弦楽四重奏は普通に聴きたい。

 

子どもさん向け?「スペシャルおはなし会」と「科学実験ショー」

開館初日だけではなく、その後も開館記念イベントが続きます。

まずは3/29の「スペシャルおはなし会」と4/1の「科学実験ショー」が、小学生以下を主な対象としたイベントと思われます。

「ゆいの森あらかわ」が持つ、図書館と子ども施設としての機能を前面に出したイベントですね。

理科実験のできるワークショップルームも完備されている施設。

近くにお住まいの子育て世代の方は、まず行って間違いなさそうな印象を持ちます。

 

ただ、現時点でもイベントの名称しか公開されていないことは気になります。

どんなテーマなのか、どんなゲストが来るのかといった情報は、最低限リリース時点でも欲しいような。

 

イベント一覧の欄外に「2/28以降にお申し込みください」「ゆいの森あらかわホームページ」「順次お知らせ」という言葉があることも見逃せませんね。

待ちましょう。

 

講演会が5回

科学実験ショーの後は、怒涛の講演会ラッシュです。

ホームページでは肩書きとご氏名しか紹介されていないので、こちらで補足的な情報を。

 

オリパラフラッグツアーと鈴木雄介選手

やはり2020だ、オリパラだということで、講演会ラッシュの最初はオリパラ関連。

フラッグツアーて何?と思って調べたら、 こんなサイトがヒットしました。

flagtour.jp

 

フラッグツアーのイベントに続き、競歩鈴木雄介選手による講演会。

お恥ずかしながらこの方を存じ上げないので検索したら、リオ出場を逃してしまった記事が山のようにヒット。

ケガのため十分な練習ができなかったことが背景で、依然として世界を狙うことのできる有力な選手のようです。

www.asahi.com

 

柳田邦男氏

そして、吉村昭記念館の検討にあたって、座長も務めた柳田邦男氏。

www.shinchosha.co.jp

 

阿久戸光晴氏

聖学院大学にて神学を研究する、阿久戸光晴教授。

講演会に名前を連ねる中で、唯一荒川区にゆかりのあるのがこの方です。

荒川区西尾久の生まれです。

www.seigakuin-grad.jp

 

山崎一穎氏

近代文学研究から、山崎一穎氏。

その著書は、鴎外に関するものが多いようです。

www.atomi.ac.jp

 

銭谷眞美

文部官僚を経て、事務次官を勤め上げた後、現在は上野の東京国立博物館館長を務める銭谷眞美氏。

 

www.tnm.jp

 

そんなところですかね。

開館記念イベントの情報は分かったのですが、今後は区民がこの施設をコミュニテイ拠点として使い倒すための情報も、欲しいところです。

【イベント告知】マツリズムと語る「祭の可能性とニッポンの未来」

マツリズム

本日は再び告知。

一般社団法人マツリズムが公開イベントを開催します。

 

 

マツリズムとは?(初見の方向け)

 

ここで、マツリズム(またはMa-tourism)のことを初めて知ったという方向けに、くどいようですが紹介。

マツリズムとは?

Ma-tourism = 祭 ×ツーリズム
地域の人とともにお祭りに「参加」することで、その歴史・文化・人の温かみに触れられる体験型ツーリズム。そこには想像もしなかった出会いや、感じたことのない驚きの世界が広がっているはず。
あなたの日常に、祭りというスパイスを!!ようこそMa-tourismへ。

マツリズム公式サイトより)

 

次に、動画でイメージを。

 

 

 

 

本ブログでも、記事カテゴリの1つとしていくつか書いております。

昨年2016年に墨田区の高木神社の例大祭に参加した時の記事が特に参考になるかと。

phantom-gon.hatenadiary.com

 

初の公開イベントを開催します

 

事業ではあるのですが、これまではほぼ口コミにより参加者を募ってきていました。

しかしこの度、さらなる事業展開のため、公開イベントにより"共感の輪""ファンの輪"を広げたいと考えました。

このイベントでは、事業の一つ「Ma-tourism」だけでなく、一般社団法人マツリズムとしての今後の事業についての説明を行いつつ、「祭の可能性とニッポンの未来」というテーマで対話をしようと考えています。

 

さて、そんなイベント情報は、こちらのリンクから。(Facebookページにとびます)

マツリズムと語る「祭の可能性とニッポンの未来」vol.1

 

f:id:phantom_gon:20170223000532j:plain

Facebookイベントページより)

 

詳細

非日常、地域コミュニティ、一体感、つながり、誇り、感謝、身体性、ジェンダー、郷土料理、酒、感性、教育、伝統文化、エンターテイメント、防災、多様性…

上記のキーワードは、2014年に活動を開始し、2016年に法人設立をしたマツリズムが考える「祭」の構成要素の一部分です。

2017年マツリズムがどんな活動を行っていくのか、また3年後/5年後に向けてどんな展望を描いているのかをお伝えした上で、みなさんとともに語り合えたらと思っています。

<トピックの例>
・祭りが持っている力/価値について
・祭りの未来と、祭りの活かし方について

<こんな人を想定しています>
・冒頭のキーワードと祭との関係に興味があるという方
・マツリズムの活動に興味があるという方
・「祭りが好き」といういう方

誰もが参加できる場です。興味のある方はお気軽にどうぞ。

日時:2/25(土)13:00-15:00 (12時30分受付開始)
場所:irori日本橋 東京都中央区日本橋横山町5−13
費用:500円(ドリンク代/場所代)
定員:20名 ※興味のある方はどなたでも参加できます
参加方法:「参加希望」のボタンをクリックしてください
      締切 2/24(金)中
主催:一般社団法人マツリズム

 

 もう今週末に迫ってきておりますが、興味のある方はなんとしてもここでお会いしましょう。

※ちなみに、私はヘルプです

町屋銀座通りに新しいお店「居酒屋ダイニング 千華」ができてた話。

荒川区まちづくり

今週も町屋銀座を散歩してたら、またしても街の変化を発見。

f:id:phantom_gon:20170219162103j:image

新しいお店、「居酒屋ダイニング 千華」がオープンしていました。

名前だけみると、ジャンルはスナックな感じがします。

 

 

店名の変更?

 

こちらの場所、私の知る限り、昨年は違うお店がありました。

やはり夜メインのお店ですが、「居酒屋ティアレ」という飲食店。

居抜きなのかな。

 

実はティアレさん、荒川区女子栄養大学と連携して進める「あらかわ満点メニュー」の1つを取り扱うお店でした。

 荒川区では、区民の皆さんの健康づくりを応援するため、区内の飲食店でいつでも健康に配慮した食事がとれるような環境を整えようと、「あらかわ満点メニュー」を開発しています。
 あらかわ満点メニューは、区内飲食店と女子栄養大学短期大学部及び区が連携をして、「安くて、おいしくて、ヘルシー」をコンセプトにお店独自の味を生かしながら考案し、「荒川区食と健康のコンサルタント」である女子栄養大学学長香川芳子氏の監修を受けて開発しています。

荒川区HPより引用)

 

荒川区のホームページでも紹介されています。

居酒屋ティアレ 荒川区

 

 

 まあ、行ってみるしか

 

ないですよね。

次回訪問時にお邪魔してみることにします。

 

町屋の「ROOM810」さんというめちゃめちゃ面白そうなトコロ見つけた

荒川区まちづくり

さて、モヤモヤさまぁ〜ず2の町屋特集はご覧になったでしょうか。

その中で、気になる会社さんが紹介されていたのを覚えていますでしょうか。

room810.jp

f:id:phantom_gon:20170218010623p:plain

ROOM810 HPより)

 

なんともオシャレなサイト。

番組中でも、下町町屋らしからぬオシャレさで浮いているというような紹介のされ方でした。

ラジオCMの製作をされているスタッフの方が、モヤさま用に即興で秀逸なラジオCMを作られてましたね。

 

会社名は「ROOM810」と書いて”ルームハート”と読みます。

2008年創業で、2014年に社員数増加に伴って文京区湯島より移転してきたということ。

 

さて、この会社は果たしてどんな会社なのでしょうか。

というわけで、公式サイトからわかる情報だけをまとめてみる。

 

目次

 

スタッフ11名に、6つの事業分野を持つデザイン会社

まず、そもそも何をやっている会社なのかということ。

公式サイトでも断言されているようにデザイン会社なわけですが、その分野の組み合わせがとんでもなく異色なのです。

 

それは、会社概要にて紹介されています。

店舗・オフィス空間のデザイン・設計・施工
印刷物・Webなど広告の企画・デザイン
番組制作・イベント・ブッキングなどの広報・メディア業務
人材育成・採用支援・企業文化育成などの教育事業
荒川区町屋を活性化するTOKYO L.O.C.A.Lプロジェクトの主導
ROOM810 LOUNGEでの各種セミナー・イベント企画

11名のスタッフに、これだけの事業分野。。。!!

単純に考えて、内装業と番組製作が同居する空間というものが既に面白すぎます。

 

f:id:phantom_gon:20170218012228p:plain

公式サイトより)

 

でも会社はあくまで超弩級に真面目。 

会社のビジョンにおいて、これらが同居することはきわめて意味のあることだと語られています。

【 オフィス・店舗などの建築や内装・インテリアデザイン 】

【 紙媒体やWEBなどのグラフィックデザイン

【番組・イベント制作などのメディアデザイン 】

という異なる三部門のエキスパートが集まって起ち上げたデザイン会社です。
「三種類の異なる仕事を受注するため」ではなく
「多ジャンルのデザイナーが多彩なアイデアを出して、より顧客の問題解決に近づく」ために
私たちは集まりました。
各自の専門分野を守るのではなく、互いにアプローチをぶつけ合うことで、
デザイン思考を用いてクライアントの
「人材育成・採用支援」「企業文化の育成」「企業や店舗のプロデュース」から
「広報支援」まで行うデザイン会社として日々活動しています。

公式サイトより)

なんだこれ。。。魅力的に決まってるでしょ

 

代表取締役は生粋の町屋民

テレビにも出演されていた社長の丸山さん。

社長のみならずスタッフ全員のプロフィールがかなり詳細に紹介されているのですが、社長さんのプロフィールを見てみましょう。

1975年7月1日、東京の下町・荒川区町屋で生まれる。B型。

設備会社の次男坊として、職人さん達と共に大勢の中で育てられる。
職人として働く一方で夜間建築設備の専門学校に通い、後に設計、営業の業務に移行。

設備として空間づくりに携わる中で、「もっとお客さまの売上に貢献できる会社になりたい」「もっと魅力的な空間づくりをしたい」との思いを抱き、2008年に独立。株式会社ROOM810を立ち上げる。

(プロフィールより引用)

建築系の背景をお持ちだということで、恐れながらやや親近感を覚えます。

 

荒川区町屋を活性化する拠点らしい

うおー、先越された。

先越された。。。

 

なんというかまあ自分のレベルではまだ足踏みして右往左往なのですが、既にこの言葉を謳って事業にしている会社があることについて、悔しい思いと嬉しい思いが入り混じった特殊な感覚なのです。

 ROOM810さんがどのように町屋活性化を試みているかの詳細は語られていませんが、そのプロジェクトは「TOKYO L.O.C.A.L」と名付けられています。

 

東北支援ということで「ONE HEART shower」というオープン参加のパーティを定期的に開催されているのですが、これはその一環なのかな。

拠点を持って、誰でも参加できるイベントを定期的に開催することができたら、不思議とそこを中心にした輪が広がっていきそう。

 

イベントは、Facebookページから見ることができますね。

https://www.facebook.com/ROOM810/

 

さて、会いに行ってみますか

以上、紹介したように、ROOM810さんには面白さと魅力しかなさそうなので、コンタクトしてみるしかなさそうですね。

次回3月31日に開催予定だというONE HEART showerは必須だとして、それ以外の手を考えてみることにします。

もうすぐ荒川区景観まちづくりシンポジウムですよ

イベント 荒川区まちづくり

f:id:phantom_gon:20170215231622j:image

荒川区HPより)

今日は事務連絡のような更新。

 

本ブログにてしつこいほど取り上げてきた「荒川区景観まちづくり塾」。

そこでは受講者達のグループワークを通じて、防災と景観のマップづくりをしてきました。

区内を町屋・荒川地域、尾久地域、南千住地域、日暮里地域の4グループに分け、半年ほどの議論を重ねてきたわけです。

 

開講前は全くの知らない人同士だったのが、いつの間にかお酒を飲んで語り合える間柄になっていたり、荒川区について好き放題議論できるような関係になっていくプロセスは、刺激的でとても楽しいものでした。

私の所属している「町屋・荒川地域」一つとってもそうなのだから、景観まちづくり塾全体としてはもう、気の遠くなるような出会いやまちづくりへの動きが芽生えているはず。

 

そんな成果発表会が、荒川区景観まちづくりシンポジウム」として開催されます!

 

荒川区景観まちづくりシンポジウム 荒川区公式ホームページ

 

日時

平成29年3月3日(金曜)
午後6時から午後8時30分(開場:午後5時)

会場

ムーブ町屋 「ムーブホール」
住所 荒川区荒川7丁目50番9号
電話番号 03-3819-7761 

基調スピーチ

防災と景観、荒川区(公・学・民)の取り組み
講師
篠原修(東京大学名誉教授、GSデザイン会議代表)
プロフィール
1945年生まれ、神奈川県出身
1968年東京大学工学部土木工学科卒業
1991年4月から2006年3月東京大学教授
2006年4月から2011年3月政策研究大学院大学教授
現在は、東京大学名誉教授、GS(グランドスケープ)デザイン会議代表
専門は、景観デザイン、設計・計画思想史

荒川区景観まちづくり塾受講者による成果発表

景観まちづくり塾にて、区内を町屋・荒川、尾久、日暮里、南千住の4地区で受講者のグループ分けを行い、まちあるき及びワークショップを行いました。各グループの成果発表を行います。
発表者:グループ代表者
講評者:岡田智秀(日本大学理工学部まちづくり工学科教授)
プロフィール
1967年生まれ、東京都大田区在住。日本大学大学院理工学部研究科終了後、日本大学理工学部助手、専任講師・准教授を経て、現職。
専門は景観まちづくり、都市・地域計画、ウォーターフロント計画。

 

荒川区HPより抜粋)

 

金曜日という微妙なではありますが、夕方18時からの開会となっています。

荒川区にお住まいの方はじめ、「荒川区」「防災まちづくり」「景観」といったワードが気になる方は、ぜひぜひいらしてくださいませ。

 

さて、パネル作成間に合うかな。。。