読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

no pleasure, no life(旧ブログ名:まちづくり、例えばこんなふうに)

意固地になるほどに"まちづくり"が気になって仕方ない。自分の関わったまちづくりの活動・調査の記録を中心にしつつ、"都市""街の変化"の話題など。 Keyword→まちづくり/都市計画/荒川区町屋/蒲郡/豊橋/三河/谷中

3月31日は町屋ROOM810さんの「ONE HEART SHOWER」へ!

【ONEHEARTSHOWER VOL.28】チラシが完成しましたコンセプトは『花見』当日はお祭り気分で一緒に乾杯しましょう~‼そして、今回はBIG発表&海を越えてSPゲストが来日!?どなたでも参加可能なROOM810主催・東日本大震災の復興支援イベント是非お越し下さい pi…

3月26日開館の荒川区荒川二丁目複合施設「ゆいの森あらかわ」のおさらいと活用に向けた野望と。

満を持して開館した、「ゆいの森あらかわ」。 悲しいかな、拙ブログの中で最もアクセス数を稼いでいるのが「ゆいの森あらかわ」に関する記事のようで、最後にもう一回だけ恩恵にあやからんと書いてみます。 なお、開館の様子は見れてませんので、その点を差…

【妄想】町屋プロジェクト構想其の参の前編 「"(仮称)荒川中央エリアマネジメント"による新たな地域運営」

第三弾です。 実は今回のネタは一、二を争うくらいやりたい度が高いのですが、その反面実施のハードルも大きいのも事実。 町屋地域で面白い人たちのネットワークができてきた段階で、試みてみたいなー。 バックナンバーはこちらから。 phantom-gon.hatenadia…

【妄想】町屋プロジェクト構想其の弐 「手作りメディアでコミュニティを温める"インターネットラジオまちや"」

構想(妄想)するのは勝手だということで、町屋でやってみたら面白そうなことを引き続き書いてみます。 ちなみにこれが前回で、読書をネタにコミュニティづくりができるのではないかということを書きました。 phantom-gon.hatenadiary.com なお、一連の妄想…

【妄想】町屋プロジェクト構想其の壱 「読書会で0からコミュニティを作る"まちやナイトキャンパス読書会"」

町屋や荒川区に関するこの一年弱のジタバタの結果、とても嬉しいことに少しずつ蓄積ができてきました。 この蓄積、言うなれば社会関係資本的なものを、うまく活用したいのです。 そこで、町屋を舞台にやってみたいと考えていることを、これから紹介してみた…

オープンしたばかりの(自称)小料理屋さん「マチヤバル三角屋」でサク飲みしてみた話。

件の「あらかわらいふ」で、話題になっているお店がありまして。 町屋駅徒歩1分の、「マチヤバル三角屋」さんです。 どこにあるの? コスパの良いお料理 開店の経緯 ヘビロテが予想されます どこにあるの? 場所はこちら。 建物の平面形状が、三角なのです…

「ゆいの森あらかわ」の公式サイトがリリースされてました

荒川区の公式サイトから、「ゆいの森あらかわ」の公式サイトがオープンされたという発表がありましたね。 www.yuinomori.city.arakawa.tokyo.jp クリックするとこちらへ飛びます。 開館記念イベントについて、あらかわ区報では講演者の氏名だけだったのが、…

モヤモヤさまぁ〜ずに出てた「株式会社ROOM810」さんに突撃して町屋トークしてきた話の後編「TOKYO L.O.C.A.Lプロジェクトとは」

こちらの続きです。 ROOM810さんの、街をワクワクさせるような取り組みについて。 phantom-gon.hatenadiary.com TOKYO L.O.C.A.L プロジェクト TOKYO L.O.C.A.L プロジェクトとは? 盛り上げるための4ルート 製造業×デザインの可能性 「千代の湯」の廃業とO…

モヤモヤさまぁ〜ずに出てた「株式会社ROOM810」さんに突撃して町屋トークしてきた話の前編「オフィスのご紹介」

先日のエントリでご紹介した、荒川区町屋にあるデザイン会社「株式会社ROOM810(ルームハート)」さん。 2/12の放送で存在を知り、3/4には早くも直接訪問が実現するというスピード展開でした。 www.tv-tokyo.co.jp 訪問までの経緯 オシャレ空間をご紹介 訪問…

荒川区景観まちづくり塾のパネル発表で最優秀賞をとった話。

荒川区景観まちづくり塾の第1期が、3月3日のシンポジウムをもって終了となりました。 私は前職を辞めた直後の昨年7月末から聴講を始めたのですが、それから何度荒川区と横浜市を往復したかわからない。 区民でも何でもない立場としてに荒川区のことを学…

荒川区民のサロン的空間「あらかわらいふ」というFacebookページを見つけた話。

面白い場所を見つけました。 荒川区民の日常に触れられるような、ネット空間です。 (FBよりスクリーンショット) どんな場所か? どんなやりとりが? どんな場所か? こちらの「あらかわらいふ」さん、形式としてはFacebookの公開グループとなっています。 つ…

荒川区町屋エリアで"一人テレフォンショッキング"をします。何それ。

さて、町屋地域でのまちづくりに際して、次の手に出てみます。 それは、 一人テレフォンショッキングです。 なにそれ。。罰ゲーム? と思われましたかね。いやいや違うのです。 これ実は、地域づくりとかの界隈では一定の知名度あるものらしい。 もともと、…

「ゆいの森あらかわ」の開館記念イベントとか。

あらかわ区報の特集号として、「ゆいの森あらかわ」の情報が公開されました。 3月26日(土)の開館までほぼひと月となり、隠されていた情報がようやくヴェールを脱いだ形となります。 www.city.arakawa.tokyo.jp 今回出された新情報は主に3本となっており…

【イベント告知】マツリズムと語る「祭の可能性とニッポンの未来」

本日は再び告知。 一般社団法人マツリズムが公開イベントを開催します。 マツリズムとは?(初見の方向け) 初の公開イベントを開催します マツリズムとは?(初見の方向け) ここで、マツリズム(またはMa-tourism)のことを初めて知ったという方向けに、く…

町屋銀座通りに新しいお店「居酒屋ダイニング 千華」ができてた話。

今週も町屋銀座を散歩してたら、またしても街の変化を発見。 新しいお店、「居酒屋ダイニング 千華」がオープンしていました。 名前だけみると、ジャンルはスナックな感じがします。 店名の変更? まあ、行ってみるしか 店名の変更? こちらの場所、私の知る…

町屋の「ROOM810」さんというめちゃめちゃ面白そうなトコロ見つけた

さて、モヤモヤさまぁ〜ず2の町屋特集はご覧になったでしょうか。 その中で、気になる会社さんが紹介されていたのを覚えていますでしょうか。 room810.jp (ROOM810 HPより) なんともオシャレなサイト。 番組中でも、下町町屋らしからぬオシャレさで浮いて…

もうすぐ荒川区景観まちづくりシンポジウムですよ

(荒川区HPより) 今日は事務連絡のような更新。 本ブログにてしつこいほど取り上げてきた「荒川区景観まちづくり塾」。 そこでは受講者達のグループワークを通じて、防災と景観のマップづくりをしてきました。 区内を町屋・荒川地域、尾久地域、南千住地域…

平成29年度荒川区予算案を読むと「ゆいの森あらかわ」の情報が少しだけわかるという話。

平成29年度荒川区予算案が公開されました。 (荒川区HPより) 基本的に予算案は"案"でしかないので、区議会で議決されるまでは予算としての効力を持ちません。 極端な話、平成29年4月に入っても予算案が議決されていなければ、行政組織はお金使えないわけで…

テレビ東京系「モヤモヤさまぁ〜ず2」の次回テーマが町屋周辺だそうで

町屋地域にさまぁ〜ずが来るようで。 (正確には既に来たらしい) www.tv-tokyo.co.jp どれどれ。 (テレビ東京HPより) あ!! というわけです。 知ってるお店が出てくるかな? どんな紹介のされ方かな? さまぁ〜ずはどんなコメントするかな? と、気にな…

荒川二丁目複合施設「ゆいの森あらかわ」が静かすぎる件について。

当ブログの中でも、最近PV数がじわじわと伸びてきている記事がこちら。 phantom-gon.hatenadiary.com とうとう今年3月の開館まで間近となった、複合施設「ゆいの森のあらかわ」を紹介した記事です。 もちろん中立的な紹介ではなく、かなり穿った視点のもの…

マツリズムのさらなる事業展開の話。

浅草橋に来てみました。 江東エリアは平地でかつグリッドパターンでいいなーと思ったら、浅草橋はまだ台東区でした。 "浅草橋"という橋は地図中右下の、神田川に架かる橋なんですね。 神田川にはたくさんの屋形船が停泊しておりました。 出番は夏ですよね。 …

【聴講後】まち普請事業の意義など。

前回エントリにて紹介した、ヨコハマ市民まち普請事業。 その公開二次コンテストにお邪魔してきました。 まち普請事業公開二次コンテストへ行ってみた 意義とか まち普請では まち普請事業公開二次コンテストへ行ってみた 桜木町駅からほど近くの横浜市市民…

まち普請事業の意義など。

今週末は。 「ヨコハマ市民まち普請事業」の公開二次コンテストが開催されます。 1 日 時 平成29年1月29日(日) 9:30から17:00まで(予定) 2 場 所 横浜市市民活動支援センター4階(中区桜木町1-1-56) JR根岸線桜木町駅(北改札)徒歩4分/…

音喜多駿という怪物。

とうとう、きた。 otokitashun.com 都議会会派「都民ファーストの会東京都議団」 が誕生し、なんと83年生まれの音喜多さんが幹事長に! news.tbs.co.jp 東京都も地方自治の一種ではありますが、やはり首都東京ですので報道は全国区。 ここまでの人になりま…

そろそろ町屋で輪を広げたいです - 「町屋銀座まちづくり 第1回」

昨年11月のエントリで静かに紹介させてもらった、『コリンcafe』さんというお店があります。 phantom-gon.hatenadiary.com ※ちなみにこのエントリで紹介させていただいたもう1店舗「n.r store」さんは、荒川区のお友達戸田江美さんによってキュレーションサ…

公務員三回生中退の身から見た、「なぜ行政のフットワークは重いか?第4回 いかに役所と付き合うか(試論)①」

さて、完全に自己満ながら、第4回を書いてみます。 これまでの記事はこちら。 phantom-gon.hatenadiary.com phantom-gon.hatenadiary.com phantom-gon.hatenadiary.com ここまで、役所の共通の文化や価値観を紹介してきました。 文書主義 決裁主義 計画行政…

生みの苦しみ(まだあんまり中身はない

まちを面白くしてやろう。 そんな思いで、とあるプロジェクトを始めようと画策しています。 ちょっと多いですが、関連する流れはこのあたりから。 phantom-gon.hatenadiary.com phantom-gon.hatenadiary.com phantom-gon.hatenadiary.com それで本日、キック…

公務員三回生中退の身から見た、「なぜ行政のフットワークは重いか?第3回 広聴というお客様の声」

書き出すと内容が増えてしまい、第3回目になってしまいました。 前回までで述べてきたのは、どちらかと言えば行政組織の閉鎖性でした。 しかし、行政の存在意義は、民間事業者では担うことが困難な"公共"という領域を担うことであり、それは開かれているも…

公務員三回生中退の身から見た、「なぜ行政のフットワークは重いか?第2回 決裁主義と議会答弁」

phantom-gon.hatenadiary.com さて、間があまり空かないうちに第2回を書いてみます。 今日は、行政事務を貫く価値観である"決裁主義"について。 第2回 決裁主義とは 決裁主義の影響 議会答弁 決裁主義とは 役所では、意思決定をすることを決裁と言います。…

よんむつのいる京島に再訪して、腱鞘炎になった話。

phantom-gon.hatenadiary.com 住居表示により町の線引きが変わっても、土着の信仰心まで機械的に線引きされることはありません。 町会や氏神信仰の範囲はそのままであることが多く、ある町丁目の一部だけ信仰する氏神が違ったり、区界を跨いだ氏子組織が存在…

公務員三回生中退の身から見た、「なぜ行政のフットワークは重いか?第1回 文書主義」

年度末の仕事ラッシュにさっそくロックオンされ始めた私です。 ちゃんと三連休したかった。。 さて本日は、特有の意思決定のメカニズムをはじめとした、行政組織の特殊性について書いてみたいと思います。 始めに立場を明確にしておくと、この発信を通じて行…

荒川区路地風景コンテストPJの胎動(予告)

まちづくりって何なのさ。 流行りのリノベーションまちづくりもコミュニティデザインも、ややクラシックな行政介入型まちづくりも、まちおこしも村おこしも、何もかも、まちづくり。 自分が一番こだわってたような気がするけど、なんかもう定義とか種類とか…

【雑談】帰省中に発動する自己防衛的マウンティング

今回の年末年始は地元でゆっくりしていました。 父母それぞれの在住地がスプリットしているせいで、やや移動時間に割合を割くということはありましたが。 それでも、友達と会って遊んだり飲んだり、親族の集まる場に顔を出したりと、一通りの自分的恒例行事…

やりがい搾取vsやりがい潔癖性 - 「なぜ役所を辞めたのか?第4回(最終回) 地方公務員という生き方」

さて、このシリーズもそろそろ終えましょう。 私は2016年7月末をもって、勤続2年4ヶ月の役所を退職して民間人となりました。 その背景を説明するために、役所における建築系技術職員としての働き方をレビューしてみました。 ややマニアックかつ、冗長な文…

役所の工事監督業務について詳しめに書いてみた - 「なぜ役所を辞めたのか?第3回 営繕業務とは【後編・監督編】」

今日は第3回。 役所の営繕業務のうち、設計業務の後に発生する工事監督業務について書いてみます。 第1回、第2回はこちらからどうぞ。 phantom-gon.hatenadiary.com phantom-gon.hatenadiary.com 工事請負契約 工事監督≠現場監督 監督員の具体的な実務 現…

2017年の幕開けと願いと

無事に新しい年が明けましたね。 ありがとう2016年、2017年これからよろしく。 2016年→2017年のカウントダウンは、愛知県蒲郡市の生家近くの氏神様「竹谷神社」にて過ごしました。 ちなみに生家は既に売却されており、ありませんが。。 年明け直後の竹谷神社…

役所の設計業務について詳しめに書いてみた - 「なぜ役所を辞めたのか?第2回 営繕業務とは【前半・設計編】」

前回のエントリでは、役所における建築系職員の職域を簡単にレビューしてみました。 役所には「建築行政」「都市整備」「建築営繕」の3つの職域があって、大まかな人数比では5:3:2くらいの感覚です。 phantom-gon.hatenadiary.com 営繕とは 設計(狭義) 積…

役所就職志望の建築学生への参考に - 「なぜ役所を辞めたのか?第1回 役所における建築の仕事」

先日、市役所勤務時代の職種同期の忘年会にお邪魔しました。 実は退職してから集まりに顔を一切出しておらず、緊張しながら久々の横浜へ。 どんな顔を見せれば。。。? そんな心配はいらぬものでした。 フタを開けると、なんとそれはサプライズの送別会でし…

荒川区景観まちづくり塾が一応終わったけど、次につながりそうな予感がしている話。

ブログでもたびたに話題にしておりました、荒川区景観まちづくり塾という連続講座が12/17の最終プレゼンをもって終了いたしました。 全8回という長丁場だったわけですが、私は開講に気づくのが遅れ、第2回から聴講。 初受講した内容があまりにイメージと違…

東京都の積算ミスに対する音喜多先生のコメントにやや違和感。

学生時代より尊敬している音喜多さん(現職都議)の記事から。 otokitashun.com この報道に関する内容です。 www3.nhk.or.jp 東京都が今年度に行った40の公共工事の入札で、落札条件の一つとなる「最低制限価格」を誤って設定し、このうち8つの入札では、…

ウサギに囲まれた癒しカフェ「lapin(ラパン)」 - 「町屋銀座まちづくり? 第25回」

こんなところにもお店があったのか。 鈴木製作所の近く、第四峡田小学校の西向かい。 lapinという、病院などの待合室のようなカフェがありました。 ホットコーヒーで300円。 一杯淹れな上に、ちょっとしたお茶菓子もついてお得な感じです。 内装はこんな感じ…

マツリズムが法人格を取得した記念に。

気になる先輩の気になる活動「マツリズム(Ma-tourism)」が、とうとう法人格を取得しました。 〜マツリズムとは〜 お祭りは非日常。 お祭りを見るだけでも、地域の雰囲気やコミュニティというものを感じることができるほか、阿波踊りなどのようにパフォーマン…

地域に愛されるリノベカフェ「鈴木製作所」 - 「町屋銀座まちづくり? 第24回」

町屋2丁目にある、地域の方々の憩いの場。 第四峡田小学校の脇、本当にちょっとした一角にそのお店はあります。 Cafe 鈴木製作所 その名もカフェらしからぬ「鈴木製作所」。 以前こちらにあった金属加工の工場をリノベーションしてカフェとなりました。 確…

複合施設「ゆいの森あらかわ」って、結局何なの?という話。 - 「町屋銀座まちづくり? 第23回」

(荒川区HPより) 町屋エリアからやや離れ、荒川二丁目の話題。 荒川区の区政情報でおそらく一番プッシュされていると思われる、「ゆいの森あらかわ」についてです。 「ゆいの森あらかわ」は、来年3月26日に開館となる、図書館・文学館・子ども施設が一体と…

景観まちづくり塾に対する区民の疑問と提案と② - 「町屋銀座まちづくり? 第22回」

phantom-gon.hatenadiary.com (つづき) グループメンバーの発言。 「荒川区の魅力は、下町独特の人情にこそあるではないか。 その人情が、キレイに保たれた庭先の植栽や路地裏に現れているのではないか?」 そう、そうなのです。 古い建物や路地に情緒を覚…

「SOOO dramatic!」でまち記者デビューのためのワークショップを受けてきた話。

※タグは”荒川区まちづくり”ですが、実際は台東区下谷にある建物での出来事です。 入谷にある「SOOO dramatic!」という施設、ご存知ですか? それは、かつて家具屋さんだった建物をリノベーションして作られた、レンタルスペース。 より正確には単なるレンタ…

景観まちづくり塾に対する区民の疑問と提案と - 「町屋銀座まちづくり? 第21回」

荒川区景観まちづくり塾での出来事。 区主催のオフィシャルな場ではなく、グループの自主的なミーティングがあったのですが、私も感じていた違和感が他の受講生の方々からも噴出していました。 「マップをまとめてどうすんの?」 「防災と景観を並べるのは無…

あたりまえの日常を支える工場 - 「町屋銀座まちづくり? 第20回」

街にどれだけの期間住んでも、一歩踏み入れてみないとわからないことはあまりに多い。 そもそもアパートの隣人や大家さんがどんな人なのかもわからないし、ましてやその地域で営まれているのがどんな産業なのかなんて、知る由もない。 考えてみれば、街の万…

荒川六丁目の新しいお店「n.r store」がなんともステキな場所でした - 「町屋銀座まちづくり? 第19回」

というわけで根性の振休を取得して荒川六丁目のn.r storeさんでベトナムサンドイッチ"バインミー"を食す。ベトナムコーヒー確かにハマりますね。 pic.twitter.com/5jXCpl2L7K — こむば氏 (@KMB_Masa) 2016年12月2日 前回記事で紹介した、n.r storeさんにお邪…

町屋銀座通りで嬉しい出会いがありました。 - 「町屋銀座まちづくり? 第18回」

この日曜日も町屋へ行ってました。 今年下半期どれだけ行ったんだろう。。 いい加減にもう転居してしまいたい。 今回の町屋まちあるきのテーマは「景観的に残したいもの、防災的に課題or有効なものを探す」というもので、つまりは景観まちづくり塾でのグルー…