no pleasure, no life(旧ブログ名:まちづくり、例えばこんなふうに)

意固地になるほどに"まちづくり"が気になって仕方ない。自分の関わったまちづくりの活動・調査の記録を中心にしつつ、"都市""街の変化"の話題など。 Keyword→まちづくり/都市計画/荒川区町屋/蒲郡/豊橋/三河/谷中

まちの第一線の猛者が提供するフルコース。あらかわらいふの文化祭「荒川区食べ歩き飲み歩き」「あらかわシャルソン」が始まります。

荒川区で今週末、土曜日曜と二日間にわたって開催されるイベント「荒川区食べ歩き飲み歩き」「第2回あらかわシャルソン」の紹介です。 私はまったく関わっていませんが、区内で長く活動されている方々が、これまでに培った力やネットワーク、信頼をフル活用…

手筒花火と個人的マツリズム。豊橋市・小浜神明社例大祭を体験したお話。

少し前になりますが今年も、わが故郷である蒲郡市のお隣のお隣である豊橋市で手筒花火を奉納してきました。 この手筒花火奉納は、時間にしてみればごくわずか2分くらいの刹那。(火の粉のシャワー浴びるのは1分未満) ですが、そこに自立とか祝福とか祈り…

公園での新しい過ごし方、荒川区でも。「おぐのはら森のマルシェ」が始まるお話。

(南池袋公園のnest marche、2018/10/20の様子) リニューアルが話題になって久しい南池袋公園を中心に、 最近は公園とか道路を舞台にした、"外の空間で楽しむ"という取組みが増えてきているようです。 それも、手作り感あふれる地域活性化イベントというよ…

"シビックプライド"なる概念にかぶれそう

ないものねだりは続く。 自分の住むまちを、すこーしだけ"自分の"まちと思えるようになってきました。 梅の湯さんやカド珈琲、アッシュカフェをはじめ、行きつけのお店や風呂屋さんができてきました。 ワクワクするような作戦会議に、呼ばれるようにもなりま…

「talk ARAKAWA vol.2」を開催しましたよ。

早くも一ヶ月が経過してしまいました。。 8月25日(土)、「talk ARAKAWA vol.2」を無事に開催することができました! phantom-gon.hatenadiary.com 企画内容とか思想はこちらで十分語ったのでご参照いただければ。 arakawa102.com また、来場者の方が精…

2大メディア「arakawa102」さん、「TABATIME」さんにtalk ARAKAWA vol.2を紹介いただきました

手短に、メディア掲載の報告です! どちらも、懇意にさせていただいている方が運営しているメディアなのですが、嬉しいことに私どものイベント「talk ARAKAWA vol.2」についてご紹介いただくことができました。 arakawa102さん TABATIMEさん arakawa102さん …

プラットフォームが単発であってたまるものか。「talk ARAKAWA vol.2」を開催しますよ!という話。

もうね、タイトル通りなわけですよ。 、第2弾をやります! 「vol.1」の開催から 「vol.2」やりたい、やらなきゃ 基本的な情報 今後の情報はSNSにて NPO法人TOKYO L.O.C.A.L 8月25日は「talk ARAKAWA vol.2」へ 「vol.1」の開催から 遡れば昨年。2017年11…

善悪では語りきれない道路整備。荒川区の都市計画道路の現状と今後について整理してみた。(その1)

間違いなく必要なのだけれども、あまり近くにあってほしくないものってありますよね。 そう、迷惑施設の話です。 英語ではNot In My Back Yard(「我が家の裏には御免」、略称NIMBY)という言葉として、火葬場や清掃工場、食肉処理場、空港等、場合によって…

酒と半纏と肩の痛みと、あと酒と。正式な氏子として天王祭に初参加した話。

都電バルや家劇場のことを書いてたら、肝心の天王祭のことを書き残していませんでした。 今年の天王祭は三年に一度の本祭りだったのですが、それとは関係ないところで、私にとって特別な位置付けのイベントとなったのでした。 忘れぬうちに、そのへんのとこ…

【超主観】都電バル2018を勝手に振り返る。「あらかわ都電バル2018」の当日スタッフとしてがっつり関わってみた話。

6月9日〜10日の2日間で「あらかわ都電バル2018」が開催され、無事に終了しました。 参加店舗をはじめ、関係者の皆様、本当にお疲れ様でした。 2017年11月に開催された第1回「あらかわ都電バル2017」は様子を見ることもできませんでしたが、今回は当日…

第2回にして早くも規模がすごい。とうとう今週末開催される「都電バル」をご紹介。

今週末、6月9日と10日は都電バルですね。 (荒川102より) これは、普段はローカルメディアとして荒川区のまちの様子を伝えている荒川102が、自らイベントの主催者として企画運営に取り組む、食べ歩きのイベントです。 正確な情報は、こちらの公式サイト…

たくさんの野望が同居するステージ。北千住東口エリアに現れた「家劇場」のおひろめイベントにお邪魔してきた話。

※本日ご紹介するプロジェクトは、類似のものがなく最強に面白い話なので全力で拡散したい反面、きわめてプライバシー上の懸念もあったりするのでどこまで拡散してよいものかというジレンマの中、あくまで公開情報をもとにした紹介にとどめたいと思います。。…

お祭りの"担い手不足"に抗うことはできるか?墨田区高木神社例大祭に向けた参加オリエンテーションを開催した話。

お祭りの季節ですね。 荒川区の素盞雄神社例大祭「天王祭」も今週末に迫りました。 街には交通規制の予告も。今年の天王祭は三年に一度の本祭にあたるので、いろいろと例年と様子が違うようです。 そんな中、今回は荒川区のお隣、墨田区にある高木神社例大祭…

新しいイベントが、街を変える。熊野前ヨガフェス2018の当日スタッフとしてがっつり関わってみた話。

日に日にどんどん暖かくなってきますね。 暖かくなると、外での催しも増えていきます。 (余談)まずは「Ikebukuro Living Loop」 荒川区熊野前で行われた「熊の前ヨガフェス2018」 準備はなかなか体育会系 持ち場は風船ブース 見よ、この幸せな光景 若いチ…

どうやったら御神輿担げるの? 素盞雄神社天王祭の担ぎ手募集チラシを集めてみた(主に町屋地区)

今年も近づいてきましたよ、お祭りの季節が。 商店街のフラッグも天王祭仕様になっています。 近所の原稲荷神社の境内には、何やら構造物が組まれ始めていました。 荒川区南千住にある素盞雄神社は、荒川区の半分近くのエリアの氏神様です。 その例大祭が「…

荒川区商店街連合会青年部の方々とお近づきになった話。

引き続き、商店街関係の話です。 前回はこちらで、はっぴいもーる熊野前商店街で来月開催されるイベント「熊野前ヨガフェス」について紹介しました。 phantom-gon.hatenadiary.com さて今回は、やや唐突ではございますが、荒川区の商店街全体についてのお話…

熊の前のヨガフェスをきっかけに商店街に関わってみませんか。

5月20日(日)に、荒川区東尾久・熊野前でヨガフェスが開催されます。 ヨガフェス。なんだかおしゃれでロハスな響き。 「いや、当方、ヨガの趣味はないのでちょっと興味ないかな。。」と思ってる方、ズバリ早計です。 これは、単に青空の下でヨガをしようと…

【今更感】talk ARAKAWA実行委員による「talk ARAKAWA vol.1」非公式レポート(1/2)

注)2017年11月25日の「talk ARAKAWA vol.1」が終わった直後くらいから描き始めていたのですが、風呂敷を広げすぎたり筆者自身の心身の不調を迎えたりと、今更すぎる更新になっています。。。 -----------------------------ココカラ---------------------------…

「千住ではじめる」プロジェクトを覗き見してきた話。

なんと2018年2本目の記事です。 言い訳をすると、生存のための活動にかまけてました(汗 さて久々の今回は、荒川区のお隣である足立区のオモロイ動きをのぞいてきた話です。 3月10日に開催された、「千住ではじめる#3 アイデアプレゼン大会」にお邪魔してき…

町屋にできたシェアスペースをどこよりも早く紹介します

余所者がおこがましいことを言うようですが、敢えて言わせてください。 町屋の街が変わってきました。 www.ivycafe.jp コーヒー1杯程度の金額で一日使い放題のシェアスペースができたのです。 (公式サイトより) 2018年第一弾のエントリは、荒川区に新たに…

多謝

気付けば大晦日も夕方にさしかかっていました。 今年の更新頻度も極端なものでしたね。 特に、11月に開催した「talk ARAKAWA vol.1」に関するモチベーションの上昇と、終了後の疲労感が伝われば幸いです。笑 「talk ARAKAWA」の様子。 こんな光景を作ること…

紙芝居師の三橋とらさんがゆいの森あらかわで尾久初空襲を演じますよという話。

最近、荒川区内の至る所でこんなチラシ見かけませんか。 これ、「尾久初空襲を語り継ぐ」という催しのチラシです。 町屋でも尾久でも、はたまた南千住でも見かけるもんだから、てっきり区役所またはACC(荒川区芸術文化振興財団)あたりの主催イベントかと思…

talk ARAKAWA vol.1にご協力いただいた皆様一覧【随時更新】

ありがとうございました。ありがとうございました。 もう本当に感謝なのであります。実績のない任意団体の試みにご協力いただいて。 そしてさりげなく、「これだけ巻き込めた自分頑張った!!」アピール。ふざけんなって感じですね。 でもとにかく汗をかいた…

「talk ARAKAWA vol.1」についてもう少し勝手に語ってみる「我々は何者なのか?」

いろいろと書きたいネタはあるのですが、今はこれ以外モチベーションがない。 それこそ、啖呵切って書き始めた「地域コミュニティ試論」なんて、どんどん早く書き進めたいのですが。 phantom-gon.hatenadiary.com 一度プレイヤーとして走り始めてしまうと、…

【告知】荒川区を盛り上げるお節介イベント「talk ARAKAWA」を開催します!

気づけば、7月の荒川区再入国以降かなり更新頻度が落ちてしまっていました。 やはり、批評家でありながらプレイヤーも演じるというのは難しいということなのでしょうか。。。 はい。というわけで。 とうとう。いよいよ。 街に仕掛けるプレイヤー見習いとし…

地域コミュニティ試論 イントロ

地元の人と、余所者。 既存コミュニティと、流動的住民。 地域の担い手と、地域の傍観者。 もうずっと、かれこれ10年以上もそんなことを考えています。 2年未満で住まいを動き続けるような根無し草としての生活を続けている限り、おそらくそのことについて…

豊橋駅前でのエリアマネジメントの検討が進んでいます

昨年の8月から本格的に動き始めた豊橋駅前でのエリアマネジメント検討は、早くも2年目に入っています。 昨年は検討にあたっての大枠に関する協議をした後、今年は検討の場を開かれた場所に移し、具体的な組織や企画に関する議論に進もうとしています。 水…

町内会の活性化戦略検討プロジェクトを始めました。

3年半前にこのブログを始めた時から気になっていた、町内会・自治会という存在。 さらに遡れば大学3年生の頃から意識をし始めた、単身者にとっても眼前に広がっているのにまったく手の届かない存在。 ここにきてようやく、そんな町内会と一緒にまちづくり…

【明日が発表会らしい】蒲郡地域活性化プランコンテストは蒲郡地域を活性化させるか。

故郷・蒲郡を舞台にした素晴らしい取組があるようで、蒲郡人の端くれとしてとても嫉妬しています。 蒲郡地域活性化プランコンテスト どんなコンテストなのかと言えば。 全国から約20名の大学生を蒲郡に集め、2泊3日の合宿形式で蒲郡の地域活性化プランを考え…

実に12年ぶりに手筒花火を放揚することになった。

私の出身である愛知県東部には、手筒花火という文化があります。 言葉よりも写真が伝わりやすいと思うので、こちらをご覧ください。 (経済産業省「Find/47」より) この写真超かっこいい。。。 www.city.toyohashi.lg.jp そういえば2年半ほど前に、関連す…